センター試験から大学入学共通テストに変わること 

センター試験(英語)はなくなるの?

英語のセンター試験は、すぐにはなくなりません。ご安心ください。

もっと早くにセンター試験なくなると思っていた生徒たちは、「絶対、浪人できない!」と、うろたえていました。

センター試験はマーク方式なので、生徒にとっては受けやすいのでしょう。

現在、行われているセンター試験のみのスタイルは、2019年度(2020年1月受験)の実施を最後に廃止されます。

2020年度(2021年1月受験)からは、「大学入学共通テスト(共通テスト)」の新スタイル試験がスタートします。

現高校1年生から、「大学入学共通テスト」を受けることになります。

そして、大学(私立)によっては、 2020年度(2021年1月受験)~2023年度(2024年1月)の間は 「大学入学共通テスト」と併用して、センター試験を受けることもできます。

大学(私立)によってはというのは、センター試験と「大学入学共通テスト」の併用にするのか、どちらか一方の試験を採用するのか、は異なるそうです。

国立大学は、併用するそうです。

ただし、併用の具体的詳細はまだ発表されていません野で、もう少し、発表を待つことにしましょう。

大学入学共通テスト(英語)とは?

さて、ここで大学入学共通テスト(英語)について、簡単にご説明しましょう。

英語に関しては、民間資格と検定試験を活用します。

利用できる民間資格と検定試験は以下の通りです。

  • 英検
  • TOEIC( L&R+S&W)
  • TEAP
  • ケンブリッジ英語検定
  • TOEFL iBT
  • GTEC CBT
  • IELTS

高校3年の4月~12月の間に、2回チャンスがあります。流れ的にはこんな感じになるようです。

  1. 受験生は、どの試験を受けるか決める!
  2. 受験生は、試験申し込みの際に、試験団体に、試験結果を「大学入試センター」に提出するよう申請する
  3. 試験団体から「大学入試センター」に結果が送られる

また、例外もあるようです。

  • 浪人生⇒高3で受けた2回の成績と、浪人中に受ける2回の成績、計4回、チャンスがあります
  • 高校2年⇒家庭の事情などがある場合、高2の成績を利用できる場合があります

CEFRのスコアーについて

「CEFR」というのは、読む・書く・聞く・話すの英語4技能がどのレベルにあるのかを測る国際指標です。

下から、A1・A2・B1・B2・C1・C2の6段階あります。

文部科学省は、英検などの各試験のスコアーが、6段階のどのレベルに対応するのか、対照表を公表していますので、後で見てみてくださいね。

英検で説明しますと、

  • 準2級⇒A2
  • 2級⇒B1
  • 準1級⇒B2

に対応しています。

東大・名古屋大では、2021年募集要項をこんな風に公表しています。

CEFRのA2レベル以上(英検準2級)に相当する英語力を出願資格として求める。だけど、英語民間試験の成績の提出は必須ではない。 同等の英語力があると明記された調査票の提出を求めると公表しています。

東大で、A2レベル(準2級)レベルですので、そこまで高いハードルではなさそうですね。

今まで取得した英検は使えるの?

上記に挙げた検定試験の中で、皆様に一番なじみがあるのは、「英検」でしょうか。

中学生のときに「英検準2級」や「英検2級」を取得したから、使えるのかしら?と疑問に思われている方がいらっらしゃるでしょう。

残念ながら、それまでに取得している英検は、新方式の「大学入学共通テスト」には使えません。

2021年度から、「大学入試センター」が外部資格・検定試験の活用するために、「大学入試英語成績提供システム」という仕組みを運営するそうです。

この「大学入試英語成績提供システム」を介する場合には、「英検CBT」を受験する必要があります。

(高校2年生でも、条件に該当すれば、「英検S-CBT」の成績を利用することもできます)

詳しくは、日本英語検定協会のHPをご参照くださいね。

「英検CBT」は従来の英検とどのように違うのかというと、今までは、一次合格者が二次に進み、対面式スピーキングテストを行っていたのに対し、1日で、スピーキングも全て行ってしまおうという試験形式です。

従来の英検と、出題内容や難易度、採点基準などは変わらないそうですが、スピーキングの試験形式は異なります。

対面式のスピーキング形式ではなく、録音式のスピーキング形式に変わります。

尚、従来の英検方式はなくなるわけではありません。

英語4技能の中で苦手なのはスピーキング?

さて、「読む」・「書く」・「聞く」・「話す」の英語4技能を取り入れた上記のような民間資格と検定試験 ですが、皆さんが不安に思っているのは、「話す」でしょう。

子供を、塾に加えて、英会話教室にも通わせないといけないのかと頭を悩ませているご父兄の方もいらっしゃるかもしれません

そんなに難しく考えることはありません。

前の章にも書きましたが、東大も名古屋大も、 2021年の募集要項で、CEFRのA2レベル以上(準2級)に相当する英語力を出願資格として求めると公表していますから、まずは英検準2級 を目指せばいいんと思うんです。

英検準2級は、筆記もスピーキングテストもそんなに難しくありません。

スピーキングは5題ありまして、4番目と5番目の問題は、簡単なようで意表をつくような問題です。

例えば、

Do you think children should spend more time outdoors?
(子供たちはもっと外で過ごすべきだと思いますか?)
〔旺文社 英検準2級二次試験・面接完全予想問題から抜粋〕

という問題。Yes. または、No.と答えて、I think~で、止まってしまいませんか?

だいたい男の子に多いんですが、I think~で止まります。とても難しいことを言おうとして、「ウー、アー」でしどろもどろになってしまうんです。

こういう時は、テキストの模範解答は忘れて、日常の具体的なことを言ってみましょう。

例えば、Yes. の場合、答えが出なかったら、家族のこと、友達のこと、頭に浮かぶシーンを何でも言ってしまいましょう。

沈黙はだめです。

My friend, Koji, plays soccer outside every day. He is always hungry and eats my lunch. So he is very healthy.
(私の友達のコウジは、毎日外でサッカーをします。彼はいつもお腹が空いていて、私のお昼を食べます。だから彼は健康です)

のように、まずは中学1年で習った英語で、具体的に表現していけばいいと思うんです。減点はされても、点数はもらえると思います。

自分のこと、自分の住む街のこと、家族のこと、友達のこと、クラブのことととか……、習った英語で、短文で構いませんから、表現してみましょう。

さて、コア英語教室 荒川/町屋駅前校でも、英検一次、二次対策を行っています。

春から大幅にスケジュールを変更して、新規募集いたします。ぜひお申込み・お問合せください。体験レッスンも行っています!



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください